通信制高校の特徴や仕組みを理解しておこう

年齢制限がなく働いている人でも通いやすい通信制高校

理解を深めておこう

英語学習や通信制高校での勉強方法について理解を深めておきましょう。新しいことを学びたい方へ役立つ情報をたくさん載せています。

通信制高校への入学を検討している方へ

意外と知られていない通信制高校の基礎知識を身に着けておきましょう。通信制高校への入学を考えている方は、読んでおいて損はありません。

通信制高校に関する疑問

通信制高校にもいろんな学科がある?

通信制高校でも、普通学科はもちろん、ITビジネス学科や会計ビジネス学科など様々な学科があります。自分の勉強したい分野を専攻することが可能です。

通信制高校に年齢制限はある?

基本的に、中学校を卒業した人ならば、年齢に関係なく誰でも入学することが可能です。そのため、70歳を超える方が通っている通信制高校も存在します。

通信制高校に入学試験はある?

通信制高校でも、入学するためには作文の提出や面接が必要です。しかし、入学希望者の学力よりも、学びたい意欲や熱意をメインにチェックすることが多いようです。

通信制高校で学ぶ際の注意点は?

通信制高校では、自分の力で課題を進めていく必要があります。一緒に学ぶ仲間や常に指導をしてくれる先生がいないため、勉強に挫けない意欲とやる気が重要になります。

通信制高校からでも大学進学はできる?

通信制高校を卒業して大学へ進学する人は数多くいます。しかし、登校制高校とは違い自分の力で受験の勉強もしなければならないため、よりストイックな姿勢が必要になります。

通信制高校の特徴や仕組みを理解しておこう

勉学

通信制高校とは

通信制高校とは、全日制・定時制の高校とは違い、登校ではなく通信をメインに教育を行なうタイプの高校のことをいいます。登校制の高校とは違い、個人にあったペースで学習がしやすいことが特徴で、高校卒業資格を得ていない社会人や、高校を中退したことのある人、不登校で悩む人など様々なタイプの人が通信制高校を選択しています。在籍期間は、登校制と同じく3年以上の在籍が必要で、授業は学校で受けるのではなく決められたレポートを提出してテストに合格して単位を取得する方法が一般的です。

通信制高校の仕組み

通信制高校は、基本的にレポートやテスト、面接を行なうことで単位を取得し、高校卒業資格を得ます。単位取得判断の1つの基準となるものがレポートです。自宅で学習しながら、学校から課されたレポートを提出していきます。提出することで、学校から添削指導を受けることができます。最近では、インターネットの普及により、パソコンやタブレットを使ったEラーニング方式で指導を受けることのできる通信制高校が増えてきています。

公立校と私立校の違い

通信制高校にも、公立校と私立校があります。公立高校の授業料は年間で1~3万円程度でその他の費用も3万円程度で済ませることができます。一方、私立高校の場合は授業料が一年で20万円以上かかる学校もあります。授業料だけでみると公立高校の方が良いようにも思えますが、私立高校は、公立高校に比べて質問がしやすい環境が整っていたり、レポートの提出をインターネットでできたりと、費用が高い分のサポートを受けられるところが多くあります。サポートが充実している分、私立高校の方が卒業率も高くなりやすい傾向にあります。

広告募集中